五十肩と肩こりの最新治療方法

五十肩や肩こりの症状と最新治療方法、ストレッチ、ツボ押し、栄養素とサプリメントなどのご紹介です。



いかがでしょうか?クエン酸といいますと、口の中に唾液が溜まって
くる方も多いのではありませんか?

なにしろこのクエン酸といえば、柑橘類のレモンや梅干しなどの酸っぱさ
の元になっているわけですからね。

そしてクエン酸は、ダイエットにも関わる言葉でもあります。

そもそもクエン酸は、スウェーデンの化学者であり薬学者でもある
シェーレ氏によって、1784年にレモン果汁から発見されたものです。

時は流れて1937年になりますと、今度は生化学者のクレブス氏に
よってエン酸サイクルという生化学反応回路が発見されました。

この発見は、1953年ノーベル生理学・医学賞を受賞という形で功績を
称えられております。

このクエン酸サイクル、あるいはクエン酸回路とも言われるものは、摂取
された(もちろん食事によってですよ)栄養分を体内でクエン酸等の
8種類の酸に変換して、そこからエネルギーを作りだし、

最終的に汗や尿として排出する為の一連の流れ、または回路を指しています。

クエン酸回路というシステムが正常に機能していれば、エネルギーが活発に
作りだされて、疲労回復も速やかに行われ、体内を調和のとれた状態に
維持できます。

ところがこの流れが乱れてしまいますと、疲労が蓄積されて、作られる
エネルギー量が減少してしまいます。

クエン酸というのは、この回路を活性化させるためには、なくてはならない
ものなんですね。

人間の体は、クエン酸を摂取することで運動や日々の暮らしの中での筋肉
疲労から発生する、乳酸菌などの疲労物質を分解しやすい
状態になります。

ということは、筋肉疲労が原因となって引き起こされる、肩こりや五十肩
にもクエン酸は効果があることになります。

また、これ以外の効果として、抗酸化作用や食欲増進、血行不良の改善や
免疫力向上などといったものも期待できるんですよ。

なんだか凄い好影響を人にもたらしてくれるんですね。

1日の摂取量の目安として、およそ2gと言われております。

いかがでしょう?

クエン酸を摂取すると健康になれる。そんな気がしてきませんか?

健康は体の内側からも気配りしたいものです。




ページ上部に