五十肩と肩こりの最新治療方法

五十肩や肩こりの症状と最新治療方法、ストレッチ、ツボ押し、栄養素とサプリメントなどのご紹介です。



ビタミンといいますと、生物の生存・生育に微量に必要とされる
栄養素の中で、炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物の総称
となっております。

あっ、ちなみにですね、そんな栄養素の中の無機物は、ミネラル
なんですよ。

ということでビタミンB1ですが、みなさんも名前くらいは聞いたこと
ありますよね。

ビタミンB1は、その名の通りビタミンB群に属しています。

それ以外のB群にはビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、
ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの計8種類の物質が存在して
いるんですよ。

そもそもビタミンB1は、1910年に鈴木梅太郎氏によって発見され
ましたが、そのあと次々と見つかったんですね。

そんなビタミンの中で、水に溶けるものや炭水化物をエネルギーに変換
してくれるものが、ビタミンBに分類されることになったんです。

エネルギーを補ってくれる働きを持つビタミンB群は、その性質から疲れ
が体に残留しないように働きかけてくれます。さらには、脳や皮膚
などの健康維持にも役立っているのです。

そんな有益なビタミンB群なのですが、実は体に留めておくことができ
ない物質でもあります。

したがいまして、健康のためには日常的に摂取した方が良い栄養素と
言うことになりますね。

ビタミンB1は、唐の代謝を促進します。そして筋肉や末梢神経にまで
エネルギーを供給してくれて、その機能の正常化を働きかけて
くれます。

ところでそのビタミンB1が不足してしまいますと、人間の脳は
エネルギーが不足していると判断してしまいます。そうなるとちょっと
厄介なことが起きてしまうんですね。

それは、記憶力の低下や注意力の散漫、疲労感や食欲不振、消化不良、
肩こり、五十肩といった症状となって現れてくることが
あるんです。

さらにビタミンB1不足は、神経や筋肉に悪影響を及ぼすことにもなって
まいります。

そんなことになったら、やっぱり困りますよね。ですから、日ごろの
ビタミン摂取が大切と言われる所以なのですよ。

ビタミンB1の含有量が多い食品としましては、玄米等の穀類、レバーや
豚肉、豆類や豆腐などがあります。

摂取時の注意点として、ビタミンB1は水に溶けやすい性質があります
ので、そのまま食べられるものは極力そのままで、加熱処理する
のであれば、煮汁ごと摂取すること。

結局は、栄養を逃がさないで摂取することがポイントなんですね。

尚ビタミンB1のみの摂取ではなくて、ビタミンB群と合わせる方がより
効果的なんですよ。

1日当たりの摂取量としましては、成人男性で約1.5mgとなって
おります。これを玄米で換算しますと、約1.5杯分だそうです。

仮に玄米を主食にしたら、肩こりや五十肩防止にもなるわけですね。




ページ上部に