五十肩と肩こりの最新治療方法

五十肩や肩こりの症状と最新治療方法、ストレッチ、ツボ押し、栄養素とサプリメントなどのご紹介です。



メコバラミンという言葉ですが、これってご存知ない方の方が多いのでは
ないでしょうか?

メコバラミンは、ビタミンB12の中の一種類なんですよ。

そのビタミンB12ですが、他にシアノコバラミン、ヒドロキソコバラミン、
アデノシルコバラミンがありまして合計4種類になります。

また、1948年に見つかったビタミンB12は、最後に発見された
ビタミンでもあります。

さてこれらのビタミンB12ですが、その中のメコバラミンと
アデノシルコバラミンは活性型となっていて、体内で補酵素の役割を担って
おります。

特にメコバラミンは、最も体内で利用されやすい活性型ビタミンB12
なんですね。このメコバラミンは、末梢神経に作用してくれます。

末梢神経というのは、タンパク質やリン脂質で構成されておりまして、
メコバラミンはこの部分に働きかけて生成を促進し、痛んだり傷ついている
末梢神経の回復を促してくれます。

さて、そもそも肩こりや五十肩というのは、同じ姿勢を続けるなどで筋肉が
収縮して硬直します。その硬直した筋肉が、末梢神経を傷つけて痛く
なるわけなんですね。

このサイクルが繰り返されて、さらに悪化していくということになって
しまいます。

このような症状の進行をストップさせるためには、このサイクルに歯止めを
かける必要があります。

痛んだり傷ついている末梢神経の、回復を促進してくれるメコバラミンは、
負のサイクルのストッパーになってくれる成分なのです。

これは中々の優れモノだとは思いませんか?

ということで、メコバラミンの摂取についてご説明します。

メコバラミンはレバーや牡蠣、イワシ等に多く含まれていますが、食物から
末梢神経を修復するのに必要とされる量を確保することはちょっと
難しいんですね。

したがいまして、サプリメント等で補わなければいけません。

日ごろの食生活を見直して、サプリメントを有効に活用すれば、肩こりや
五十肩の痛みを改善することが期待できるということになります。

いかがですか、これってそれほど難しいことではありませんよね?




ページ上部に